サラ金の意味と消費者金融

サラ金とは、サラリーマン金融という意味で現在では消費者金融と呼ばれることが多いです。(サラ金のイメージが先走ってる件サラ金は貸金業者がサラリーマンや主婦に対して行う小口融資で、一般的に10万円~500万円くらいまでなら無担保で借りられるため手軽です。個人によって借りられる金額の上限が決まっており、年収が多い人ほど一度にたくさん借りられます。銀行でもカードローンで融資を受けることができますが、サラ金の方が審査のスピードが速く基準も緩い傾向にあります。個人事業主や中小企業はサラ金を利用できないので、ビジネスローンなどで資金を調達しなければなりません。サラ金は貸金業者が法律に基づいて融資を行っているため、計画的に利用すれば生活を支えてくれる便利なものです。

しかしかつては法律がきちんと整備されていなかったため、返済能力以上のお金を借りることができお金を返すことが難しくなるケースもありました。そのような状態をサラ金地獄と呼んでいたので、良いイメージを持っていない人も多いです。また各都道府県知事が許可を出していないのに違法にお金を貸しているヤミ金と混同している人もいて、名称を変えて消費者金融が主流となっています。サラリーマンは男性を指す言葉ですが、最近では主婦など女性の利用者も増えているので消費者金融という呼び方が浸透しています。最近のサラ金は女性の利用者をさらに増やすために、女性向けの融資を取り扱い始めています。レディースキャッシングやレディースローンというものを用意し、おしゃれや趣味を充実させたい女性の資金面を支えています。レディースキャッシングでは電話の応対を女性従業員に限定するなど、お金を借りることへの抵抗を和らげています。女性でも専業主婦は年収が0円なので、総量規制によりお金を借りることができません。しかし専業主婦の場合は、配偶者に安定した年収があるならば本人にも返済能力があると判断して審査に通すことが多いです。