サラ金の金利は法で定められている

持ち家や会社がなくとも、多くの貯蓄や収入がなくとも、「サラ金」では、お金を借りることができます。無担保・無保証で現金が得られるのです。そのため「サラ金」は、給料日前のサラリーマンのような個人にも利用がしやすいです。「サラ金」のような消費者金融は、小口での利用客を対象としています。だれでも気軽に現金を借りることができる「サラ金」ですが、もちろんメリットとデメリットがあります。無担保・無保証で借りられることは、大きな利点ですがその代わり「サラ金」は、ほかの金融業者に比べて金利が高いことが特徴です。貸付金利は年間20パーセントまでとされていますが、これは銀行などで融資として借入することを考えるとたいへん高利です。借りた分だけ高い利子を払っていかなくてはなりません。利子に対しても、利子が発生していきますので、軽く考えない方がよいでしょう。

この貸付金利20パーセントの上限は、貸金業法で定められており、もし年率20パーセントを超える金利で貸金業者が顧客に対して契約をさせると、刑事罰の対象となります。仮に、年間金利が20パーセントの上限を超えていた場合は、上限以上の金利分に関しては無効になります。現在は、貸金業法が改正されたことにより、貸付金利20パーセントの上限を守ることが義務付けられましたが、貸金業法の改正前は、貸付金利20パーセント超える消費者金融も存在していました。高い利子と過度な取り立てが社会問題にもなりました。同時に、無担保・無保証で借りられることにより、安易に消費者金融でお金を借りる人が多いことも問題になりました。ギャンブルにお金を使い、小口なら無担保・無保障で借りられることをいいことに、複数の消費者金融でお金を借り続け、首が回らなくなった人たちがいました。消費者金融には、利子がつき物です。便利には違いないですが、次の給料日に確実に払えることが確定している金額分だけを借りるようにしましょう。